保湿 洗顔

保湿効果のある洗顔石鹸について

肌の健康を保つためには、肌の保湿をしたやる必要があります。肌の保湿が必要な理由は、乾燥した肌は、柔軟性も無くなっているおり、非常に傷つきやすい状態になっているためです。人の肌には、皮脂や水分によって皮脂膜が張られています。この皮脂膜が、肌の水分の蒸発や汚れの肌への侵入、紫外線などの刺激から肌を守っています。そして、皮脂や水分は、人の汗腺や皮脂腺から分泌されるのですが、皮脂の量は年齢や秋冬の寒い季節などによって、分泌量が減少してしまいます。また、角質細胞内に天然保湿因子という成分が存在しており、水分を保ってくれています。しかし、天然保湿因子も年齢や睡眠不足、ストレス、日焼けなどの生活習慣や外部からの刺激によって、減少してしまいます。皮脂膜や天然保湿因子が減少することで、肌が乾燥し、傷つきやすい状態になってしまうため、保湿によって肌を保護する必要があります。

皮膚膜を守るには?

しかし、年齢などによって皮脂膜や天然保湿因子が減少してしまったら、肌は無防備な状態となってしまいます。そのため、乳液や化粧水、クリームなどの化粧品によって、皮脂膜などの代わりに肌を保護することが出来ます。しかし、いくら乳液や化粧水をぬっても、その栄養が肌にしっかり浸透しなければ、化粧品の効果は半減してしまいます。しっかりと浸透させるためには、毛穴の汚れを落としてやる必要があります。毛穴が詰まっていると、本来肌への栄養が入るべき入口がふさがれてしまっているような状態なので、しっかりと洗顔をして、毛穴の汚れを落とす必要があります。また、皮脂膜は放置していると、酸化し、肌荒れの原因となってしまいます。洗顔はすることにより、古くなった角質層を落とし、肌へのダメージを無くす効果もあります。

肌への保湿を保つには?

洗顔をして毛穴の汚れをすっきり落とした後で、化粧品などにより肌の保護をするのですが、その洗顔によっても肌にとって大きな違いがあります。洗顔石鹸によっては、ただ汚れを落とすためだけの物と、肌への保湿効果のあるものもあります。肌への保湿効果のある洗顔石鹸についてですが、保湿効果のある成分で、ヒアルロン酸やセラミドなどが入った石鹸や、天然成分たっぷりで肌への刺激が少ない石鹸、合成添加物が入っていない無添加の石鹸、古い角質層をはがしてきれいにする石鹸などがあります。自分の目的に合った洗顔石鹸を選べば、より効果的に肌の健康を保つことができます。また、洗顔後はすぐに化粧水や乳液をぬって、肌がきれいになった状態が長く続くようにするとより効果的に、肌の健康を保つことが出来ます。