保湿 洗顔

乾燥肌には保湿が欠かせないと思います。

わたしは今、39歳です。幼少のころからアトピー性皮膚炎に悩まされてきました。物心ついたころからおしりがとにかくかゆくなり、あかくただれるまでかきむしっていました。実はそのおしり以外にはアトピー性皮膚炎の症状が出ていなかったのですがその理由は定かではありません。両親に皮膚科につれていってもらっては塗薬をもらい、使っていました。しかし、いわれていたのは卵や牛乳を控えることでした。とにかく体質改善が必要といわれていたのを覚えています。ですがこれも全く守ることができていませんでした。ですが年齢とともにこのアトピー性皮膚炎はましになり、成人するころにはまったくその症状は消えていました。年齢とともに体質が改善するとともに、皮膚も強くなったのだと自分なりには感じていました。


ところが30歳ごろから今度は乾燥肌の症状が出てきたのです。正直言って、アトピー性皮膚炎のときよりも症状はきびしいものがあると思います。顔は目元のTゾーンが粉が吹くほどになります。そして、頭皮も乾燥肌で赤みがさしてきてかゆくなります。あとは太ももや臀部、背中などが秋口から少しずつかゆくなり、いつの間にか赤みがっしてきて、かゆくなってただれるという循環になっています。この症状が出だしてから10年近くになります。出だしのころは乳液などでなんとかカバーできるのですがいつの間にかそれではおさえられなくなり、結局は毎年、皮膚科にいって塗薬、それもかなり強いものをもらっては塗ることで症状を抑えることになっています。そして、あたたかくなる春先には自然治癒といった循環になっています。


しかし、これもアトピー性皮膚炎と同じように対する改善や日常生活である程度はおさえられることができると病院でもインターネットなどでも学んだのでできることから試しています。当然ながら乾燥肌には保湿が欠かせないという事実です。今も入浴時には保湿剤を入れることは欠かしませんし、入浴後もすぐに保湿するためのクリームをぬることもかかしません。また、朝起きた後も保湿クリームを全身に塗りこむことでできるだけ保湿をするようにしています。また、同じく入浴時にはごしごしタオルのようなもので洗わず、手でそれも2日に1回しか体を洗わないようにしています。これも体から必要以上に油分をなくさないようにするためです。まだまだ、体質改善にまではいたっていませんがこういった取り組みから乾燥肌をなおしていきたいです。